Daily Archives: 2016年1月11日

セックスフレンド間のトラブルを回避するには

セックスフレンドで割り切った関係性とバランスを保っているとこちらが思っていたも、実際は相手との温度差があることも少なくありません。
例えば自分はセックス以外求めてもいないし相手もそうだろうを考えているのに、相手は恋人と認識していたなんてときに、トラブルは起こってしまいます。
結局変な逆恨みを買ってしまい、被害甚大も考えられますよね。
一緒にとった写真やベットでの写真を公開されたり、自分の性癖についてあからさまにされてしまったり、とんでもない報復を受けてしまうことだってあるでしょう。
それがそういった心の行き違いによる報復ならばまだわかりますが、初めからそれを目的としている相手もいます。
セックスするたびに盗撮されていたり、恐喝の種を収集しているかもしれないのです。
そのときに被害を警察などに訴えるんしても、自分の恥部も晒してしまうことになります。
あまり嬉しいことではありませんよね。
女性の場合は、もっと傷ついてしまうでしょう。
社会的にも傷を負うかもしれません。
それはジェンダーとして、男性よりも女性のほうが大変です。
また性別関係なく、命を落とすような事件に巻き込まれる可能せもあります。

■被害に合わないようにするためにも

もしセックスフレンドの関係だけで終わらせ、それ以上の被害は回避したいならば、セックスフレンド専用サイトや出会い系サイト等で出会い、そのサイト内でのやり取りだけに徹することです。
こういったサイトは一応年齢などを証明しなければならず、それは免許証などの画像で送るか、クレジットカードの使用で確認するかになります。
それがあると、一応何か会ったときに運営側は身元を特定しやすくなります。

今まででも出会い系サイトなどの出会いから大きな事件に発展したことはありますが、犯人は案外簡単に見つかっています。
そのことは誰でもわかっていますから、とんでもない人間か突発的な感情の動きでもない限り、そんな分かりやすい犯罪はおかしません。
サイト内でやり取りするということを守るだけで、多くのトラブルは回避できます。
少々お金は男性がかかりますが、自分の身を守ることと相手の警戒を理解するという意味でも、サイト内だけでのやり取りを望むセックスフレンドの意見は尊重してあげましょう。
自分はそんな人間じゃないのに不愉快というのは分からないではありませんが、それは自分の勝手な言い分です。
メッセージでちょっとやり取りしただけで、どれだけ信用できる材料があるでしょう。
ないですよね?その事を汲んであげるべきだと思われます。